2010年1月23日土曜日

1月23日

富士山いつもありがとう


 
我が家のベランダから今日も富士山が見えます。
遠くの山ですがきれいに見えます。
この富士山を見るといろいろな思いが浮かんできます。

4年前の今日です・・・
当時40歳という若さで主人は脳出血で倒れてしまいました。
右半身麻痺という重い障害がのこりました。
この富士山の麓の病院で6か月リハビリをしていました。
病室の窓から見える富士山は大きかった。
自宅から見える富士山は小さいけれど同じものを見ていると日々思っていました。
その時まだ5歳の子どもは毎日のように富士山が見えるのか気にしていていました。
そして・・・
「父さん早く元気になってね」
といつも遠くの富士山に叫んでいました。
あの幼い子供の姿を思い出すと涙がでてきます。

予期せぬ出来事で何をどう考えていいいのかわからずただ愕然とする日々でした。
苦しい、つらい
これは本人のみならず家族もみんな同じです。
障害を受け入れるのは本人だけではなく私も同じくらい大変でした。
今でも受け入れたくないといのが本心ですが・・・

主人が倒れてからいろいろ考えるようになりました。
幸せとな何か
こんなことをよく考えるようになりました。
主人が元気なころ普通に暮らせていた
これが当然と思っていた・・・
でも違うのです。
普通に暮らせるというのは幸せなんです。
でもそれに気づくことはありませんでした。
小さな幸せはたくさんあるのにそれに気がつかないでいました。
自分にしか感じることができない幸せこそ本当の幸せであると今は思っています。
幸せの小さな卵はたくさん眠っていると思うのです。
でもそれがわからぬままにいることが多いのかもしれません。

私は今失職しています。
それも理不尽な理由で解雇されて・・・
悔しい・・・苦しい・・・
何度心の中で嘆いていたことでしょうか。
でも考え方を変えれば主人が倒れてからこの4年間毎晩のように深夜働いていました。
体力の限界を感じることもありました。
もしかしたらこのままでは私まで倒れていたかもしれません。
だから神様が助けてくれたのかもしれません。
私を不幸にしないために幸せの見えない卵を落としていってくれたのかもしれません。

今日1月23日は新しい出発の日でもあるのです。
そう考えるようにしています。
人生という道は険しく大変で時に森の中でさまよって迷子になってしまい自分自身を見失ってしまうときもあります。
でも道は続くのです。
きっときっと生きていく道はどこかにあると信じています。

思い出の富士山
ずっと見守っていてくださいね。

6 件のコメント:

  1.  私が脳出血を起こしたのは59歳を2ヶ月後に控えた1月16日でした。
     子供二人はすでに成人していましたから、事情は違いますね。

     妻は当時働いていましたが、私が倒れても勤務を続けるように言いました。
     働いている方が気が紛れると思ったからです。

     娘は子供服の会社に勤めていたのですが、私がリハビリ中に退職して、ヘルパーの資格を取りました。 

     私に介護が必要なときに備えたようです。

     家族が大病になると家族の生活が一変することはよくありますね。

     私がが結婚する2年ほど前に兄が大病を患いました。
     
     兄家族の生活費まで面倒を見たのは辛かった。

     富士山は発病前に妻と何回か見に行きましたから、写真を見ると元気な頃を思い出します。

     できればもう一度あの雄姿を妻と眺めたいと思います。

    返信削除
  2. >マサおじさん

    確かに仕事をしているときは気が紛れますね。
    だから私も母の協力のもと働いていました。
    少しの時間でも現実から離れたかったのかもしれません。

    私も桃の花が咲いているころ富士山を見に行きたいです。
    今日は複雑な心境です。

    返信削除
  3. あそびましょ!2010年1月23日 12:08

    素敵なプログが出来ていたのですね。
    初めての訪問です。
    これからも時々寄せてもらいますね。

    私が千葉の新松戸に住んでいたときも、
    ベランダから富士山が見えていました。
    こんな近くには見えませんでしたが、、
    見つけたときは感動しましたよ~!

    幸せをいっぱい感じられる人になりたいですね。
    朝、今日もいつものように起きれたことを幸せと
    感じて、今日も頑張っています。

    返信削除
  4. >あそびましょさん!

    こちらにも遊びに来ていただいてありがとうございます。
    望遠でとってみました。

    お天気のよいときは綺麗に見えますよ。
    幸せをたくさん感じられるような生き方がいいですね。

    返信削除
  5. こんなことにならなければって考え出すと
    気持ちがどんどん沈んでいってしまうことってあります。
    そんなときに気持ちを切り替える、前向きに捕らえようとされるところがヨッチャレさんらしいと思います。
    ヨッチャレさんはお花のような心を持たれた方だと私は思っています。

    返信削除
  6. >まどかさん

    何度もこんなことにならなければ・・・
    と思ったかしれません。
    でも現実と向き合っていかないと新しい道は見つからないことに気付いた時に前を向かないといけないんだって少しづつ思えるようになりました。
    時間との戦いですね。
    今でも元気な時の姿とだぶってしまいます。
    でも元気な時の姿を忘れたくないです。
    家族3人花が好きで花を見て癒されて優しい気持ちに少しでも包まれていればこれも小さな幸せかなと思います。

    返信削除

ミニハイビスカス

わ~い咲いた      今年は久しぶりにベランダにハイビスカスが登場しました。 ミニハイビスカスです!フラワーショップで一目ぼれです! 早く咲かないかなと心待ちしていたらこんな素敵なお顔でした!