2010年2月26日金曜日

春です!菜の花もいっぱいです!

あたたかい!春だ春だ!






昨日のお雛様が飾ってあった公園には大きな池もありあす。
菜の花もたくさん咲いていました。
春がきました!
黄色い花は春を感じますね。
3枚目の写真の古民家にお雛様が飾ってあります。
日本の文化を感じさせてくれる場所です。
この公園では桜の木もたくさんありお花見でにぎわいます。
開花が楽しみです。 

2010年2月25日木曜日

お雛様

わーいっぱいだ!







自宅近くの自然公園に古民家があります。
ここでひな祭りの飾りつけが始まりましたので買い物帰りに寄ってみました。

昭和初期から中期に作られた「ひな人形(3セット)」に手作りの毬もたくさん
ありました。
何といっても見ごたえがあるのはこの「つるし雛」です。
70本もあるそうです。
日本の伝統的文化を感じさせてくれます。

近くの幼稚園の子供たちも声を張り上げてみていました。
ここの公園には「カワセミ」もいますが今日はこの騒ぎでどこかに隠れていて
見れませんでした。

買い物帰りのひと時の憩いの時間でした。 

2010年2月24日水曜日

満開でーす!

べらンダの梅と木瓜が満開です!








今日は暖かいですね。
春ですね。
ベランダの梅も木瓜も満開です。
淡いピンク色とほのかな香りで優しさいっぱいですね。

今日は授業参観がありました。
子供の成長を感じられる時間でした。
桜の開花とともに子供は4年生です。
月日のたつのはあっという間ですね。
1日1日大切にしていきたいです。

2010年2月23日火曜日

オキザリス パープルドレス

葉っぱもかわいいね!





4年ほど前に球根から植えたオキザリスパープルドレスが咲きました。
植えっぱなしです。 
生協の宅配で注文した球根です。
名前のごとくパープルのドレスに包まれて咲いているようですね。
オキザリスはたくさん種類がありますね。
どれもみんな可愛いですね。

   
     オキザリス

       カタバミ科
       花言葉・・・輝く心

       ギリシャ語で「すっぱい」という意味のオクシスが変化
       した名前
       カタバミにはシュウ酸が含まれていて葉に酸味がある。

そういえば以前主人がカタバミをゆでて食べたのですがまずいと言っていました。
子供と私はパスしました(笑)

毎年咲いてくれる花を見るとほっとしますね。
今年もそんな時期がきたな・・・
また咲いてくれてありがとう!

輝く心
いいですね。
いつもそうありたいですね。

      

      

2010年2月22日月曜日

ゼラニウム

真っ赤でかわいい!



真っ赤なゼラニウムです。

昨日の夕方から新しい仕事に行きました。
深夜に帰ってくるとあれ・・・
かわいい花が迎えてくれました。
子供からのプレゼントでした。
そんな優しい気持ちが疲れも忘れさせてくれました。

 ゼラニウム

  別名テンジクアオイ
  フウロソウ科
  南アウリカ原産

 花言葉・・・赤い花…君ありて幸福

花言葉を調べてなんとなくにっこりする私です。

仕事を探すにあたって子供がまだ小学3年ということを一番に
考えて自宅から近いことを最優先に考えました。
それと時間です。
夜2回昼間2回というところから始められるので頑張ってみます。
自宅の本当に目の前なんです。

でもお花のプレゼント嬉しかった。
その気持ちが嬉しいです。

2010年2月21日日曜日

満開の梅

わー満開!きれい!

近所の空き地の梅が満開です。
自宅近くでこんな光景に出会えて嬉しいです。











梅の花をたくさん見て小さな幸せを感じています。
幸せは自分が感じるもの
幸せは自分の心の中にあるもの
自分だけにしか感じることのできない幸せこそ本当の幸せ・・・
こんなふうに思っています。
たくさんの梅の花に出会えて幸せを感じて気持ちが明るくなって
新しい出発ができそうです。

2010年2月20日土曜日

ピンクのハナニラ

 ベランダで可愛くさきました!




3年ほど前に買ったハナニラです。
ネットでみていたらピンクの球根があったので迷わず買いました。
ハナニラというと白や薄い紫などが一般的ですよね。
何も手入れもせずに植えっぱなしで大丈夫です。
お星様のような形でピンクなのでちょっと情熱的な感じです。

  ハナニラ(イフェイオン)
    
    ユリ科の多年草
    原産地は南アメリカ
    葉にはニラやネギの匂いがありこの名がついた
 
  花言葉・・・悲しい別れ

このピンクは悲しい別れを想像させませんね。
新しい出会い、新しい恋・・・みたいですね。

春の花が咲いてきました。
もう間もなく暖かくなりますね。

  

2010年2月19日金曜日

ミツマタ

蜂の巣みたいね・・・

近所のお宅でミツマタが咲いていました。



こちらは一カ月前のミツマタです。
まだ蕾で涼しげなお顔でした。
  

 こちらは本日のミツマタです。
華やかなお顔になりました。

  ミツマタ
 
 沈丁花科
 枝が3本づつ分岐する(不思議?)
 樹皮が和紙の原料になる

 花言葉
    意外な思い
    永遠の愛

私はどちらかというと蕾の状態が好きです。
神秘的な感じがしますね。

春に先駆けて咲く花と書いてありましたが花をみていると
暖かな感じになりますね。
でもまだまだ寒い日が続きますね。
はるの足音は聞こえても寒さは厳しいですね。
早く暖かくなってほしいですね。 

2010年2月18日木曜日

雪の朝

わーさむい・・・
朝起きると外はうっすら雪化粧していました!





 

寒いですがちょっと外に出てみました。
 


新芽や葉が雪化粧している姿はとってもきれいですね。
寒くてもきれいにお化粧して楽しいお顔で迎えてくれました。
寒い朝のひとときの癒される時間でした。

2010年2月16日火曜日

ボンタンアメ

なつかしい味にほっとします!



















子供のころ大好きでした。
この懐かしい味を大人になって食べてみると幼い日の思い出がよみがえって
きます。

昨日は子供におねだりされて買いました。
理由は・・・
昨日はピアノのレッスンでした。
先週は「Hくんのは音楽ではない」
と先生にすごく怒られていました。
でも昨日は「頑張ってきたね」と褒められ得意顔でした。
だからご褒美に「ボンタンアメ」がいいと・・・
子供も大好きなボンタンアメを二人で食べてほんわか気分でした。

2010年2月15日月曜日

ベランダの梅

わーい咲いた咲いた!



我が家の狭いベランダの梅が一つだけ咲きました。
この梅は5年前に我が家に仲間入りしました。
年末に初めて植え替えました。
もう植木鉢に根をいっぱい張っていて大変でした。
淡いピンクで可愛いです。

今日は雨も降ってきて本当に寒いです。
こんな日に可愛く咲いてくれた梅の花に暖かさをもらいました。

2010年2月14日日曜日

プリムラ(バラ咲き)

happy Valentine




きょうはバレンタインデーですね。
バレンタインにプリムラのバラ咲きはいかがですか。
小さなバラのブーケみたいです。
今日は我が家のベランダの小さな主役ですね。

2010年2月13日土曜日

たまちゃん2回目の脱皮

またぬいじゃった!





我が家のアイドルのヒョウモントカゲモドキのたまちゃんは先日に続き
また脱皮しました。
今度は慣れた感じでした。


たまの新しいお家です。
今まではトイレットペーパーの芯で代用していましたがウエットシェルターを
買いました。
この中で身体をこすりつけて脱皮していました。




初めて私の手の上に乗りました。
あんなに爬虫類が嫌いだったのに今では可愛くて可愛くて!
たまちゃんを見ていると心が和みます。
ありがとう!たま!

ひとりごと

スノボ国母選手問題について

他の方のブログでも書かれていますが私も感じていることをここに書きます。

ネクタイを緩めてシャツは裾だし、腰パン姿
謝罪会見では語尾をのばしての謝罪

全く謝罪の気持ちなどない。
あくまでも「オレ流」なのでしょうか。
でも彼をこのように育てた大人にも問題があるのだと思います。
才能だけを認めて大切なものを教えてこなかったのではないでしょうか。
勉強だけできればよい、スポーツだけできればよい
そんな考えもあったのではないでしょうか。

自分の身近を振り返ってみてもそんなことがあります。
子供はピアノを習っていますがあるクラスでは他人の子を蹴落としてまで
わが子をトップにさせようと親が必死になっているというような話も聞きます。
こんな親の言動は子供にも少なからず影響があることは否定できません。

国母選手の問題も本人だけではないような気がするのです。
今の社会がけじめや秩序といったものを軽んじているような気もしまうす。

昨日の夕刊の記事にもこの問題がでていましたがある読者の発言では
「社会全体に寛容さが消え、服装や言動など競技以外でも厳しくチェックされ
時代になった。以前はもう少し長い目で見てもらえた」
この発言はどうでしょうか。
私は疑問に感じます。
私は今の社会のほうが寛容であるように思ます。
できちゃった結婚も当然になってきている時代です。
私の若いころのはそんなことはありませんでした。

国を代表してまして公費で行くオリンピックなのだからこそ競技以外でもチェ
ックされても当然と思うのですが・・・

これから未来を支えていく子供たちに大切な事を教えていく私たち大人も今
一度考えなくてはいけないことがたくさんあるように思えます。

2010年2月12日金曜日

いつもいっしょだよ!

なつかしい写真です!























懐かしい写真を見て思わず胸がつまりそうになりました。
子供が幼稚園のころよくブロックで遊んでいました。

青は父さん
赤は母さん
黄色は自分

いつもそんなふうに言っていました。
だからいつも3色で作っていました。
お父さんが病気で9カ月も家にいなかったときもいつも3色でした。
子供にとって健常なお父さんはたったの5年間でした。
幼いころの記憶は薄れてきますが少しでも覚えておいてほしいです。

大変な日常ですが心は豊かでいたいです。
また子供にも人の心の痛みがわかる優しい心を持って育っていってほしいです。

2010年2月11日木曜日

ヒメツルソバ

まーるくて可愛いね!







先日買い物途中に道端にひっそりと咲いていました。

ヒメツルソバ(別名ポリゴナム)
 ヒマラヤ原産のタデ科
 明治中期に渡来

花期は春と秋と書いてありましたが1年中見かけるような気がします。
丸くて金平糖のような花で可愛いですね。
秋に紅葉した葉っぱといっしょに咲いている花もまたいいですよね。

花言葉・・・愛らしい、気がきく

花言葉にぴったりですね。

今日はお天気が悪いですね。
こんな日は引きこもりでしょうか。

 
    いつ見ても
       愛らしき花
         ひめのかお

2010年2月10日水曜日

池のカモ

水の中で楽しそう!


 自宅近くに自然公園があります。
そこの池で寒さなど感じさせずに気持ちよさそうに泳いでるカモです。
都会にいてこんな風景に出会うと心が落ち着きますね。

カモの歌を探してみました。

 水鳥の(みずとりの) 鴨の羽色(はいろ)の 春山の
   おほつかなくも 思ほゆるかも
                      笠女朗(かさのいらつめ)

(訳) 鴨の羽のさ緑色をした春の山のように、あなたのお心がぼんやりし
ているように思われます。

(解説) 大伴家持の恋人の一人であった笠女朗が家持に贈った歌です。
家持の気持ちが曖昧なことをもどかしく思って詠まれたのでしょう。

2010年2月9日火曜日

しだれ梅

きれいに咲いていました!




毎年楽しみにしている近所のお宅のしだれ梅が咲いていました。
垂れ下って咲いている様子はとても優雅な感じですね。
我が家のベランダの梅もつぼみが膨らんできました。
開花が待ち遠しいです。
毎日寒いですが花を見て心だけは春になったような暖かさです。

   寒き日に
   しだれ梅みて 
    春のおと

2010年2月8日月曜日

辻井いつ子氏講演会

 ☆明るく楽しくそしてあきらめない
    子供の才能の見つけ方、伸ばし方



今日は全盲のピアニストのお母様の辻井いつ子さんの講演会に行ってきました。

子育てとはまた違いますが私の主人も障害者ですので障害をどのように受容するかということなど大変興味深い内容でした。

生後間もないわが子が全盲であると知り絶望のどん底にいた数カ月間・・・
どのようにして前向きに考えられるようになったか・・・
○神様から選ばれて生まれた子供であると教えられた
○福沢みわさんの「フロックスは私の目」という本を読んで視覚障害は見えなくて悲しいという
自分の物差しで見ていたことに気付いた。
この2点から考え方が変わったそうです。

辻井さんの子育ては
○子供の可能性は無限大である
○あきらめないこと
○子供を信じること
○上から目線ではなく同じ視線で見ていっしょに進んでいく
○頑張っている人に頑張りなさいとは言わない

なるほどと感じることばかりですが実際には逆のことをしていることも多いと反省させられました。

今日1日クリアしていこう
すべてポジティブに考えていこう
いつもこう考えているそうです。

ついこの先どうしよう・・・と悲観的になってしまうこともありますがまずは目の前にあることをクリアしていくことが大切なんですよね。

今日は約2時間のお話でしたが生きる勇気を頂いたような気持ちになりました。
私も前を向いて生きていきます。

2010年2月7日日曜日

ネコヤナギ

わーふわふわの春の足音だ・・・



寒い日が続きますね。
外に出たくないですね。

昨日の夕方重い腰をあげて買い物に行きました。
自然公園の中を通っていくとネコヤナギが寒さにも負けず微笑んでいました。
ちょっとすまし顔ですね。

 ネコヤナギ
    花言葉・・・自由、気まま、努力が報われる
 別名・・・カワヤナギ(川柳)
 ヤナギ科の落葉低木

自由気まま・・・そうですね・・・猫ちゃんもそうですよね。
ピンクの園芸種もあるそうです。


  夕暮れに
    清く微笑む
     ねこやなぎ