2010年2月8日月曜日

辻井いつ子氏講演会

 ☆明るく楽しくそしてあきらめない
    子供の才能の見つけ方、伸ばし方



今日は全盲のピアニストのお母様の辻井いつ子さんの講演会に行ってきました。

子育てとはまた違いますが私の主人も障害者ですので障害をどのように受容するかということなど大変興味深い内容でした。

生後間もないわが子が全盲であると知り絶望のどん底にいた数カ月間・・・
どのようにして前向きに考えられるようになったか・・・
○神様から選ばれて生まれた子供であると教えられた
○福沢みわさんの「フロックスは私の目」という本を読んで視覚障害は見えなくて悲しいという
自分の物差しで見ていたことに気付いた。
この2点から考え方が変わったそうです。

辻井さんの子育ては
○子供の可能性は無限大である
○あきらめないこと
○子供を信じること
○上から目線ではなく同じ視線で見ていっしょに進んでいく
○頑張っている人に頑張りなさいとは言わない

なるほどと感じることばかりですが実際には逆のことをしていることも多いと反省させられました。

今日1日クリアしていこう
すべてポジティブに考えていこう
いつもこう考えているそうです。

ついこの先どうしよう・・・と悲観的になってしまうこともありますがまずは目の前にあることをクリアしていくことが大切なんですよね。

今日は約2時間のお話でしたが生きる勇気を頂いたような気持ちになりました。
私も前を向いて生きていきます。

4 件のコメント:

  1. 辻井氏のコンサートチケットは発売と同時にソルドアウトです。音楽を聴きに行く方々ばかりでもなさそうですが…

    >頑張っている人に頑張りなさいとは言わない
    ときにはわざと「頑張れ!」って言って、プレッシャーをかけてあげることも長い目で見れば大切かも…
    いずれにせよ、ほんとうに頑張っているかどうかを見極める目も育てなくては…

    返信削除
  2. よっしーさん

    こちらにもお立ち寄り下さいましてありがとうございます。

    私も辻井氏の生の演奏が聴きたいです。
    みなとみらいホールでのコンサートもすぐ完売でチケットが取れませんでした。

    そうですね。
    本当に頑張っているのか見極めないといけないですね。

    子育ても大変な仕事であると感じるこの頃です。

    返信削除
  3. 今日、TVで辻井くんのコンクールで優勝するまでの様子をドキュメントしてありました。

    凄いですね。盲目であそこまで頑張れるなんて、前向きなところがいいようですね。

    楽譜も点字作ったり、録音してそれを耳で覚えるそうです。

    そんな苦労も楽しいから頑張れるってことでした。

    生で聞きたいですよね。

    福岡に来てくれたら聞きに行きたいです。

    探してみよう。

    返信削除
  4. ひろしさん

    先日お母様のいつ子さんのお話を聞いていて障害を受け入れるまでの葛藤を聞き胸が熱くなりました。

    「あきらめない」
    これが息子さんの成功につながったのですね。
    そして前向きに考えていくことですね。
    簡単にはできないことです。
    お話を聞いているうちに自分も頑張らなくてはという勇気がでてきました。

    生の演奏が聴きたいです。
    CDはいつも聴いていますが生は違いますよね。

    返信削除