2010年2月13日土曜日

ひとりごと

スノボ国母選手問題について

他の方のブログでも書かれていますが私も感じていることをここに書きます。

ネクタイを緩めてシャツは裾だし、腰パン姿
謝罪会見では語尾をのばしての謝罪

全く謝罪の気持ちなどない。
あくまでも「オレ流」なのでしょうか。
でも彼をこのように育てた大人にも問題があるのだと思います。
才能だけを認めて大切なものを教えてこなかったのではないでしょうか。
勉強だけできればよい、スポーツだけできればよい
そんな考えもあったのではないでしょうか。

自分の身近を振り返ってみてもそんなことがあります。
子供はピアノを習っていますがあるクラスでは他人の子を蹴落としてまで
わが子をトップにさせようと親が必死になっているというような話も聞きます。
こんな親の言動は子供にも少なからず影響があることは否定できません。

国母選手の問題も本人だけではないような気がするのです。
今の社会がけじめや秩序といったものを軽んじているような気もしまうす。

昨日の夕刊の記事にもこの問題がでていましたがある読者の発言では
「社会全体に寛容さが消え、服装や言動など競技以外でも厳しくチェックされ
時代になった。以前はもう少し長い目で見てもらえた」
この発言はどうでしょうか。
私は疑問に感じます。
私は今の社会のほうが寛容であるように思ます。
できちゃった結婚も当然になってきている時代です。
私の若いころのはそんなことはありませんでした。

国を代表してまして公費で行くオリンピックなのだからこそ競技以外でもチェ
ックされても当然と思うのですが・・・

これから未来を支えていく子供たちに大切な事を教えていく私たち大人も今
一度考えなくてはいけないことがたくさんあるように思えます。

2 件のコメント:

  1. >勉強だけできればよい、スポーツだけできればよい
    そんな考えもあったのではないでしょうか。

    この子の家庭は経済的には相当恵まれてるんじゃないでしょうか。あくまでも想像ですが…
    だって、スノーボードなんて競技は経済的に恵まれていなくちゃ、知ることはないスポーツですから…

    この子がこんな子に育ったのは、この子の親の責任だと思いますよ。
    考えてみれば、この子も犠牲者かな…
    こんなにバッシングされたうえに、大会後は処分があるそうですからね。
    親世代の責任だと考え、この子の将来を考えるならば、寛大であるべきかもしれませんね。

    返信削除
  2. よっしーさん

    そうですよね。
    今回の件はこの選手だけの問題ではないですよね。
    この子が育った過程に問題があるのですよね。

    新聞記事の読者の方の発言に疑問を感じていましたが突き詰めて考えれば寛大であるべきなもかもしれませんね。

    >以前はもう少し長い目で見てもらえた・・・
    この部分に関してはどうかなという感じですが・・・

    でもこのように育ってしまった子はもう変わらないでしょうね。
    そういう若者がたくさん出てくるということは私たち親世代の責任ですね。

    返信削除

ミニハイビスカス

わ~い咲いた      今年は久しぶりにベランダにハイビスカスが登場しました。 ミニハイビスカスです!フラワーショップで一目ぼれです! 早く咲かないかなと心待ちしていたらこんな素敵なお顔でした!