2010年7月12日月曜日

ワルナスビ

わーい嫌われものさん!

今あちこちの道端で見かけますね。



葉や茎にはトゲがあります。


子供がまだ幼稚園に入る前にお散歩中にこの花を見つけて名前を教えたら「悪っ子なすび」と言っていました。
だから子どもはこのワルナスビが嫌いになってしまいました。

でもこのワルナスビは嫌われ者さんですよね。
除草剤も効きづらいそうです。
清楚に白い花をつけていますがどんなことにも負けない強い花ですね。
野草というより雑草かな。
嫌われても負けない
嫌われても涼しい顔をしている
私も雑草のように強く生きていこうってこの花を見ていると感じますね!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%93

2 件のコメント:

  1. ナス科とはいえナスではないのですね。でも色は違えど花は似ていますね。毒もあるとか…
    毒のある雑草にはなりたくありませんが、自然界で生き抜くためには、そのくらいの力強さも必要なのかもしれませんね。
    嫌われても負けたくはありませんが、できれば嫌われずに、多くの仲間と共生したいとも思います。でも妥協はしたくはありませんね。それが雑草魂なのでしょうか。

    返信削除
  2. ほんとこの花の名前は笑えますね。
    花はナスによく似ていますよね。

    自然界っていろいろ不思議なことがあって調べてみるとおもしろいですよね。

    私も嫌われ者にはなりたくないですがどんなことにも負けない強い精神力を持っていけたらと思っています。

    雑草魂・・・
    そうですよね。
    そんな生き方がいいですよね。

    返信削除