2010年10月22日金曜日

展覧会の絵

感動!涙・・・涙です

アマゾンで予約して先月届いた全盲のピアニスト「辻井伸行」さんの「展覧会の絵」
届いたときはワクワクでした。
心時よく聴いていたCDでした。

でも私はこのDVDを見てから胸が詰まる思いで感動しながら聴いています。

展覧会の絵をお母様に一つづつ説明されながらそれを自分でイメージして弾いていきます。
でも「キエフの大門」のところで彼はどうしてもイメージがつかめず苦悩していきます。
彼は心の目でキエフの大門は壮大な青をイメージしてそこで苦悩から脱出して完成させました。
この曲が完成して彼が言ったことは「目が見えない事で弾けない音楽はないことを言いたかった」
私は全身がしびれるようでした。
心の目で物事をとらえる彼の心の広さ、大きさに感銘を受け涙がとまりませんでした。
私たち健常者だって心の目はあるのかもしれません。
でもそれが見える人は少ないかあるいはいないのかもしれません。
心の目で見えたらもっと違う素晴らしい世界があるのかもしれません。

このDVDは私が日ごろからテレビを見る時間がないので琵琶湖のお友達が録画して送って下さいました。
心から感謝です!

8 件のコメント:

  1. このCD、気になっているのですがなかなか手が出ません。
    今夏、「展覧会の絵」をプログラムにおいたツアーが行われていましたが、これも行けませんでした。来春、思い切って彼のコンサートに出かけるつもりでいます。
    きっと心に響くCDなのでしょうね。

    返信削除
  2. よっしーさん

    このDVDを見てからさらに感動が深まりました。
    CDを聴いていると胸がいっぱいになります。

    私も生の演奏が聴きたいです。
    でもすぐ完売してしまいますね。

    返信削除
  3. 3月のBBCオケのチケット、先行販売の抽選で外れました。一般販売の最初の一瞬でなんとか1枚ゲットしました。座席は度外視ですが、生の演奏を京都で聴くことができそうです。でも、高額だったので他の楽しみはすべて我慢です。

    返信削除
  4. よっしーさん

    今から楽しみですね。
    私も来年は生で聴いてみたいです。ほかの楽しみは我慢できそうです。

    返信削除
  5. 一つの物事でも受け止め方は人それぞれなんだなと改めて思いました。
    今苔玉つくりにはまっているのですが
    苔玉ってみんな同じところに置いていると
    胞子が飛び交って緑が増すらしいのです。
    人もよい気というのでしょうか。
    飛び交って心が元気になればいいなと思います。

    返信削除
  6. まどかさん

    DVDありがとうございました。
    夜中にひとりで泣いてみていました。

    苔玉をたくさん作ってたくさんの幸せの種を飛ばして下さいね。
    なんだかとっても夢がありますね。

    返信削除
  7. 苔の件ですが、採ってしまうと
    再生されるまで時間がかかるので
    同じところからたくさん採集せず
    違うところから少しずつ採集したほうがいいそうです。
    食べ物の減少や木の伐採から熊が人里に下りてくるのが今ニュースになっています。
    苔もほどよい加減を心して採集したいと思います。
    表題とはちょっと違うコメントになってすみません!

    返信削除
  8. まどかさん

    苔も採集なんてうちのヒッチャレもやりたがりそうです。

    何でもほどよい加減がいいんでしょうね。

    素敵な苔玉がたくさんできますように!

    返信削除

ミニハイビスカス

わ~い咲いた      今年は久しぶりにベランダにハイビスカスが登場しました。 ミニハイビスカスです!フラワーショップで一目ぼれです! 早く咲かないかなと心待ちしていたらこんな素敵なお顔でした!